アルミのマキネッタには害がある?

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちは、鈴木です。

マキネッタ(モカポット)の材質にはアルミニウムをおすすめしています。これはアルミニウムがステンレスと比べて熱伝導率に優れているためです。熱伝導率に優れているために熱ムラができにくく雑味などの軽減につながります。

しかしアルミニウムによる健康への害を心配される方も少なくはありません。

鈴木鈴木

今回の記事は次のような人におすすめ!

  • アルミニウムのマキネッタには害があるのか?
  • アルミニウムの害とはどのようなものなのか?
  • マキネッタの使用にリスクはあるのか?

アルミのマキネッタ(モカポット)に害はありません。

ラットを用いた実験ではアルミニウムの多量摂取には害があることが確認されています。しかし日常生活におけるアルミニウムの摂取量は微々たるものです。国際機関の示す暫定的な許容量にも遠く及びません。

このことからも、マキネッタによるアルミにニウムの害を気にする必要はありません。

スポンサーリンク

アルミニウムの許容量は?

アルミニウムの許容量は?

アルミニウムには害があります。

ラットを用いた実験においては、アルミニウムの多量投与により「腎臓や膀胱への影響」や「握力の低下」などが認められています。そのため食品の安全性を評価している国際機関ではアルミニウムの許容量を「体重1kgあたり2mg/週」と設定しています。

しかし厚生労働省の調査による飲食に由来するアルミニウム摂取量の統計は体重1kgあたり0.682mg/週です。

食品の安全性を評価している国際機関(JECFA:FAO/WHO合同食品添加物専門家会議)※では、人が一生涯摂取し続けても健康への悪影響がないと推定される暫定的な許容量(暫定耐容週間摂取量)として、体重1kg、一週間当たり、2mgという値を設定しています。

このことからもリスクは低いと推定されます。

そもそもアルミニウムの摂取由来には「パンや菓子類の添加物」「食品の添加物」「未加工食品」「水道水」などがありますが、調理道具や容器包装由来の摂取量は全体(体重1kgあたり0.682mg/週)の10%ほどにすぎません。

アルミニウムの調理道具に害があるというのには無理があります。

マキネッタが安全な理由は?

マキネッタが安全な理由は?

マキネッタによるアルミニウムのリスクは微々たるものです。

アルミニウムは両性金属と呼ばれる酸性とアルカリ性の両方に反応してしまう金属ですので多少の注意は必要です。しかしアルミニウムは自然酸化により不動態皮膜を形成する金属でもありますので過度に心配する必要はありません。

短時間の抽出で済むマキネッタであればなおさらです。

またマキネッタは洗剤を使わずに洗います。洗剤を使わないことによりコーヒーの油分が残り、アルミニウムの溶出(イオン化)を防いで金属臭を防いでいます。洗剤を使わないことのメリットはコーヒーをおいしくすることだけではありません。

このことからもアルミニウムの溶出を過度に心配する必要はありません。

アルミとステンレスはどちらがおすすめ?

アルミとステンレスはどちらがおすすめ?

アルミニウムのマキネッタをおすすめします。

マキネッタの素材にはアルミニウムとステンレスがあります。ビアレッティ社であればモカエキスプレスがアルミニウム製であり、ヴィーナスがステンレス製になります。どちらにも一長一短がありますが、本場イタリアではアルミニウムが主流になっています。

以下はメリットとデメリットです。

メリット デメリット
アルミニウム 熱伝導率が良い
価格が安い
変色しやすい
金属臭が生じやすい
ステンレス 腐食しにくい 熱伝導率が悪い
価格が高い

美味しく抽出できるのはアルミニウムです。

アルミニウムとステンレスの違いは「熱伝導率の違い」「厚みの違い(アルミニウムのマキネッタはダイキャスト品)」にあります。この違いによりアルミニウムのマキネッタには熱ムラができにくく安定した抽出が可能になっています。

熱伝導率が良いことによって嫌な苦味や雑味の少ないコーヒーになります。

まとめ・アルミのマキネッタには害がある?

アルミニウムのマキネッタに害はありません。

確かにアルミニウムの溶出はあります。しかしアルミニウムの溶出量は微々たるものであり、国際機関の示す暫定的な許容量には遠く及ばないものです。また、マキネッタはステンレスよりもアルミニウムの方が美味しく抽出できます。

これはアルミニウムの方が熱伝導率に優れた上に厚みがあるためです。